日本におけるPHP動向

PHPは世界中で広く利用されているプログラミング言語であり、日本でも活用が広がっています。多くの資料で、PHPはプログラム言語の日本の人気ランキングでJavaC に次いで3位になっています。さらには、PHPエンジニアを対象とした求人広告は前年比で128%増加しています。

日本で、Java主に業務系システムに用いられ、C言語はアプリ開発に使用されています。一方、PHPは特にWebサーバの構築に使われます。現在、日本ではWeb開発のプロジェクトが非常に多いため、PHPエンジニアの需要もますます高まっています。

 

収入に関しては、求人の63.2%が年収400万円以下となっています。日本のプログラマーの平均年収は約400万円ですから、PHPが普及したことで、扱えるエンジニアの数が多くなり、給与を大幅に押し下げる結果となったと考えられます。見方を変えれば、この状況はPHPの経験がまだ浅いエンジニアでも職を得るチャンスがあるということです。海外の実績の少ないPHPプログラマーが日本市場で職を得ることがさほど難しくないことも納得できます。

PHP求人の探し方についてですが、多くの専門家やCEOは幅広いPHPスキルの獲得を推奨しており、認定企業への就職を勧めています。つまり、PHPプログラマーとしてのキャリアを始めたいなら、PHP技術者認定機構のPHP認定インテグレーター参加企業への応募がおすすめです。PHP技術者認定試験は毎年、全国200か所で開催されています。スキルを磨き、優れた仕事をしたいなら、常に学習を続け、認定企業への就業を目指すといいと思います。

 

また、PHPの勉強会がたくさんあります。毎月、全国のどこかで開催されていると思うので、そういった会合に参加してみてはどうでしょう。特に人気のあるイベントは「もくもく会」で、会合にはあらゆるタイプのPHPエンジニアが休日や夜間に集まります。勉強会では各自の研究課題についてプレゼンし、学び、互いに成果や知識を積極的に共有します。たとえば、新規会員募集中の素晴らしい勉強会の1つに、PHP勉強会@東京があります。これまでに100回以上も会合を開いていて、PHPの機能や特徴、あらゆる動向について知ることができ、知識を深められます。同じ情熱を持つ仲間との出会いやPHPについてのさらなる知識や情報を求めているなら、勉強会に参加して、雰囲気を楽しみながら、多くのすばらしい人たちと交流して学びを深めてください。